何でトレード?

株式投資などにおいて売買することをトレードと呼びます。いろいろな種類がありますので、その選び方を解説します。
まず、何を売買するかという問題があります。配当も欲しいのであれば株式がよいですし、高いレバレッジを掛けて高い利益率を追求するのであれば、FXや商品先物取引、あるいは日経平均先物などがよいでしょう。
もちろんレバレッジが高くなれば、その分リスクも高くなりますので注意が必要です。
株とFXを比較しますと、レバレッジの高さではFXが有利です。株は株価が0になることもありますが、FXではまずそういうことはありません。FXではスワップ金利をもらえることがありますが、一般に株の配当のほうが利回りが高いです。
次にトレードの期間の種類もご紹介しましょう。一番短いのは、その日の中で売買が完結するデイトレードです。中でもスキャルピングという手法では、秒単位でトレードが終わることも少なくありません。
数日間というスパンで売買をするのがスイングトレードです。それより長い期間になりますと、特に定義はないですが長期投資といえるでしょう。
短期間で売買を繰り返すのは、上手く行けばどんどん資金を回転させて大きな利益を生み出せる可能性がありますが、逆に損をすれば資金が大きく目減りします。
また、一日中パソコンやスマホなどで売買するので、お仕事をしていれば難しいことが多いです。ご自分の生活に合わせた売買をしてみてください。

copyright(C)レッツトレード